婦人

マイホームを建てるなら実績のある一条工務店がお勧め

誰もが暮らしやすい

部屋

不自由を防ぐ

高齢者が暮らしやすいように配慮したバリアフリー住宅は、家族皆にとっても生活しやすい家です。また、バリアフリー住宅は、住宅金融公庫などの割増融資対象になっているのでおすすめです。例えば名古屋に新築一戸建てを建てる場合、住宅融資額に150万円の割増融資が受けられます。名古屋で一戸建て工事内容に関しては細かく決められていますが大まかにいうと、床の段差の解消や廊下の通行幅の確保、出入り口の幅の確保をする必要があります。また昇降しやすい階段寸法にして、階段に手すりを設置することが大切です。加えて浴室の広さの確保し、高齢者の寝室とトイレを同じ階に配置することが義務づけられています。住宅金融公庫の他、年金住宅融資でもバリアフリー割増融資があり、その他、一戸建て建設地の自治体などでも融資が行われています。最近名古屋でも人気を集めているのがユニバーサル・ザインです。子供から高齢者まで、そして身障者も使いやすいデザインが特徴です。アメリカの建築家が提唱したもので、生活に関係するすべての面で取り入れられるようになってきました。名古屋の一戸建て建築面でもあらゆるシーンで採用されています。バリアフリーとも似たイメージで考えられますが、バリアフリーは主に高齢者や障害者が安全に自分の力で快適な日常生活を送れることを目的にしたもので、バリア(不自由)を防ぐことです。ユニバーサルデザインの方が、年齢、性別、言語などの違いを超え、誰にでも公平に利用でき、使う上での自由度が高いぶん多岐にわたっています。